<< 良いスコアで回るには vol.2 | main | 謹賀新年 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2010.06.17 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「お前フックラインが嫌いだろ?」

 楽しみにしているという珍しい人からのリクエストもあったので(笑)頑張って更新します。

前回あるプロゴルファーの方と出会ったと書きましたが、そのプロと初めてラウンドさせていただいたときの話です。
2ホール目のグリーンでパットを終えた後のことです。

突然プロが
「お前フックライン嫌いだろ?」
って聞くんです。

そうなんです。
この頃の僕はスライスラインは得意だけど、フックラインがものすごく苦手だったのです。

それをたった2ホールで見抜かれてしまいました。
この時に僕は悟ったのです。
「この人には全てを見抜かれてしまう。だったらこの人の言うことは何も疑わずに全てを受け入れよう。」
こう心に決めました。

会話に戻ります。

ボク「はい。苦手なんです。」
プロ「そうだよな、そういう打ち方してるもんな。」
  「まあ、打ち方は追々教えるけど苦手だったら何でスライスラインにつけないんだ?」

ボクは心の中で「?」


プロ「別に百何十ヤードからスライスラインを狙えって言ってるわけじゃないよ。」
  「アプローチするときだったら狙えるだろ?」

そんな事を考えたことは一度もありませんでした。
アプローチは「とにかく近くに。」って思ってました。でも、その後に残るパッティングラインを考えてアプローチしろって言われてみれば確かにその方が確率が高まりますね。


例えば苦手なフックラインを10回パッティングするのと、得意なフックラインを10回パッティングするのとでは確かに確率が違います。
話を分かりやすくするために10ホール中10ホールでグリーンを外したとします。
そして、その10回のうちスライスラインだったら5回カップイン出来るとします。
苦手なフックラインだと3回カップインするとします。

もうこの時点で2打の差になっています。

考え方を変えるだけで2打縮まりました。(笑)


この日のラウンド後にプロから
「ゴルフはやり方なんだよ。」って言われました。

今日のポイントです。
ゴルフを「スポーツ」として捉えるならば上達するには練習場でたくさんボールを打って正しいスイングを身に付けないとイケないって考えがちなのですが、ゴルフを「ゲーム」と考えるならば「やり方、考え方」で良い得点をあげることが出来るということです。
そして、その「やり方、考え方」は以外とシンプルなモノなのです。

フックライン、スライスラインの事でもそうですが、確かに苦手な方より得意な方へ持っていく努力をすれば多少なりとも確率が上がってきます。

そして、ゴルフという「ゲーム」はこのちょっとした確率を積み重ねていく事で良いスコアが出るようになっています。

一ホールで0.1打縮めることが出来れば18ホールで1.8打縮むことになります。
それが一つのショットで0.1打縮めば一ホールで0.4打×18ホールで7.2打。
プロの場合は72ホールですから…
ということなんです。


長々と書きましたが、ゴルフは「ゲーム」である。ということを今日はお伝えしたかったのでした。


次回は何を書こうかな…(笑)


気が向いたらまた更新しますね。
最後まで読んでくれてありがとうございました。


スポンサーサイト


  • 2010.06.17 Thursday
  • -
  • 19:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
う〜いちいちごもっともですね。!
ゲームの感覚ですね。一手二手先を考えてですね。
参考になります。次回も宜しくお願いします。
  • パニック
  • 2009/11/10 9:09 AM
パニックさん、ありがとうございます。(笑)
あなたはもう少し上手になって損はないと思いますよ。(笑)
  • kaz
  • 2009/11/10 6:18 PM
有り難うございます。
先日、富士桜カントリークラブに行ってきました。
前にご指導を頂いたパッティングに注意をしながら
トライをしました。お陰様で46で回れました。
後半は・・・・・・・精進します。
  • パニック
  • 2009/11/11 8:20 AM
やり方なんですね!
こんどからティーショット5番で打ちます。
そのほうが球も無くならずスコアもいいかも(ToT)
  • 三五郎
  • 2009/11/11 11:34 AM
パニックさん、
前半出来たって事は後半も出来るはずです。(笑)
お昼に気持ちよくなる飲み物飲んだでしょ?(笑)


三五郎君、
その方がスコアがよくなることは間違いないよ。
でも、君の場合はもう少し練習しましょう。(笑)
  • kaz
  • 2009/11/11 11:41 AM
更新、ありがとうございます。
スコアメイクってまだ段階ではないのですが、
今の状況は少なくとも普通に玉が打てること・・・
その状況から考えれば、今のkazさんの文章は
「kazさんだから言えるんですよ」って
エクスキューズが出来てしまいます。

極端な話、400ヤードを7Iで2回打てば寄せになり、
あとはパター1回でパーになりますが、
それが出来ないのが普通です。
ゴルフって視点如何でどうにでも解釈できますね。

とりあえず、「神」指導のkazさんのおかげで、
ゴルフの感覚が、よ〜く理解出来つつある現状ですが、
あらためて、ゴルフって技術や理論の前に、
フィーリングってのが大切だと思いました。

「玉は曲げてナンボ!」
kaz理論実践者として、もっと練習します。

追伸:
kazさん宅近くのM社経営の練習場って、
土日祝日の夜は1200円で打ち放題だそうです(たぶん)。

・・・また教えてください(笑)。
  • takada
  • 2009/11/12 10:59 AM
takadaくん、
コメントありがとう。

http://www.151a.com/golfer/index.htm
ここに「中部銀次郎」という人の話が載ってます。
中段部分に興味深い話が載っていますので暇なときに読んでみてください。(笑)

要約すると
「ハーフで50を切れない人も技術はそのままでも発想や考え方を変えることで50を切ることは出来る」って話です。

日本が誇る偉大なるアマチュアゴルファーの言葉なら説得力があるでしょ?(笑)

レベルに関係なくゴルフはもっと楽しく出来るんですよ。


打ち放題、近々行きましょう。(笑)
  • kaz
  • 2009/11/12 6:39 PM
しつこくレスです(笑)。

>日本が誇る偉大なるアマチュアゴルファーの
>言葉なら説得力があるでしょ?(笑)

いえいえ・・・今ではボクの神はkaz様(笑)ですから。

あのレッスンから3回目で全く打てなかったドライバーが打てるようになり、ロングアイアンはおろかFWまで打てるようになりました。

あの指導からすれば、信者はもっと増えますね(笑)
  • takada
  • 2009/11/16 10:38 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座